原信五十嵐東店(仮) 建設工事進む

2014/08/10 Sun


写真・新潟市西区五十嵐東1丁目 原信五十嵐東店(仮)建設地

西区の西大通り沿いに出店を予定している原信五十嵐東店(仮)ですが、現在建設工事が進んでいます。1キロ範囲周辺には、清水フードセンター大学前店・坂井店のほか、ウオロク大学前店や自社の新通店などが営業。特に清水フードセンター大学前店とは、300メートルほどの近距離。交差点を挟み向かい合う位置となり、集客の変化が気になるところです。

なお、隣接地で営業していたゲオ寺尾店ですが、6月にリオン・ドール寺尾店隣接地の仮店舗へ移転。原信のオープンと同時期をめどに、新店舗での営業を再開する予定です。






3月頃




FC2 Management

マルイ堀之内店(仮) 建設工事進む

2014/08/10 Sun


写真・魚沼市堀之内 マルイ堀之内店(仮)建設地

魚沼市の国道17号線近くに出店を予定しているマルイ堀之内店(仮)ですが、現在建設工事が進んでいます。建設地はJR堀之内駅を中心とした市街地の一角で、200メートル範囲周辺には、Aコープ堀之内店やコムラヤと言った小型店、1キロ範囲周辺には、ひらせいホームセンターやコメリハードアンドグリーンが営業。中堅規模の競合店は、国道を5キロほど東へ進んだ魚沼市街寄りに、原信小出東店が営業しています。






駅前通りからの誘導路(写真奥が建設地)


5月頃

ナルス南高田店(仮) 建設工事進む

2014/07/27 Sun


写真・上越市上中田北部土地区画整理事業地内
ナルス南高田店(仮)建設地

上越市の上中田北部土地区画整理事業地内に出店を予定しているナルス南高田店(仮)ですが、現在建設工事が進んでいます。建設地は上信越自動車道・上越高田インターチェンジ東側。JR南高田駅を中心に広がる市街地の南端に位置し、2キロ範囲にはイチコ高田南店などが営業。東側には耕作地が広がるものの、2015年に開通する北陸新幹線・上越妙高駅を中心とした開発も進んでいて、将来的に一定の発展を見込める地域となるでしょうか。

ナルスとドラッグトップスのほか、靴のベルや100円ショップのなんじゃ村などが出店予定。事業地内を貫く県道63号線(山麓線)バイパスも、今秋開通予定となっています。




コメリパワー建設地






5月頃




2012年4月頃

ウオロク桜木店 7月17日オープン

2014/07/19 Sat


写真・柏崎市桜木町 ウオロク桜木店

柏崎市の国道352号線沿いで店舗建設を進めていたウオロク桜木店ですが、7月17日オープン。1キロ範囲周辺には、原信柏崎東店のほか、マルイが運営するアトレ柏崎店や良食生活館パルMart1などの低価格路線の競合も多い地域。ウオロクとしては、2010年7月にオープンした柏崎店に続き、市内では2店舗目となります。

なお、その店名から、新潟市の桜木インター付近を出店地と推測し、近隣の神道寺店存続を気にされた方も(リアルで)いらっしゃいましたが…。柏崎市内の桜木町でございます。



導線は反時計回りで、ベーカリーとイートイン、青果と並行して寿司・弁当・惣菜、鮮魚・畜産・漬物類・飲料・冷凍食品・リカーの流れ。レジは通常7台ほど。サービスカウンターの銘店には、地元老舗菓子店の美野屋・最上屋のほか、大阪屋・メリーチョコレート。テナントにはクリーニングのチャオ。今後、敷地内に別棟店舗の出店も予定されているようです。

内外装ともおおむね、最近の新店と同様です。地元色を入れたところでは、青果売り場でいきいき野菜コーナー、鮮魚売り場で柏崎港から入荷のもの(一部)、和菓子売り場では地元のとらや菓子店銘菓、リカー売り場で原酒造の「越の誉」、ほか、地元JAのお米など…。先行の柏崎店も、同様の品揃えがありますので、ある程度は取り込めているのでしょうか。

惣菜売り場の充実と鮮魚の強みで、ウオロクらしい売り場になっていますが、周辺のアトレ柏崎店や良食生活館パルMart1などの低価格路線の競合と、価格を比較されやすい環境かもしれません。そもそも、柏崎市内ではMEGAドン・キホーテ柏崎店が、他店徹底対抗策での安値宣言をしていることで、周辺店舗の低価格化が進んでいるのかなと…察します。

ある意味、地味?な立地でもあるので、今後に出店する別棟店舗との利便性と、売り場の維持が重要かと考えられますが、海岸線に近いこともあり、特に夏場の集客を見込める点も期待したいところかと。ちなみに、7月24日からは「ぎおん柏崎まつり」が開催されるようで、26日には中央海岸で「海の大花火大会」とのこと。うまいこと、ぶつけましたね…。




国道352号線 写真奥は中央海岸方面


敷地東側角の店舗用地


交差点が近いため、誘導路には通行制限


敷地東側の誘導路


before(2013年12月)


after


今回もからし色

イオン長岡店 6月13日リニューアルオープン

2014/06/15 Sun


写真・長岡市古正寺1丁目 イオン長岡店

営業を継続しつつ、昨年秋以降からテナントの撤退および店内改装を行っていた、長岡市のイオン長岡店ですが、6月13日リニューアルオープン。新規出店から25年ほど経過した本館は、全体的に古びた雰囲気となっていました。内外装とも一新…と言いたいところですが、外装は一部が塗りなおされ、内装は必要個所のみに限っての改修となったようです。

外壁の下半分とエントランスの窓枠がチョコレート色に塗り替えられるなど、入店の際に最初に視界に入る個所の印象を変えているので、落ち着いた感は出たのかと。店内の通路部分は新しい床面が上貼りされたり、エレベーターホールの内壁や誘導サインは最新のものに一新。レイアウトとテナントの再配置を主として、合わせたリニューアルでしょうか。


エントランスはチョコレート色に

3階の宮脇書店が7月25日オープンとのことと、1・2階でも白いシートで覆われたテナントフロアがあったりして、全館グランドオープンまでには、もう少し時間が必要なようです。食品売り場は内装と一部什器が一新され、あの薄暗く煤けきった雰囲気は無くなりました。基本的な導線は以前と大きく変わりませんが、惣菜や弁当のほか、寿司やサラダ、冷凍食品やデザート・乳製品は充実したようです。もともと広い売り場ではありませんが、レディーミールの品ぞろえと合わせると、青果・鮮魚・畜産の生鮮部門は主力からは外した印象に。

予算もあってか、屋上駐車場のエントランスとエレベーターホールは未改装でしたが、残るテナントが加われば、日常使いがコンパクトにまとまった店舗になるのかなと感じます。


右側もチョコレート色




下半分もチョコレート色


立体駐車場とをつなぐスロープ(新設)


屋上駐車場
プロフィール

teru

Author:teru
新潟のスーパーマーケット情報サイト「Step!らくだのこぶ」の更新。(PC推奨)
http://www.j-rakuda.com/

※県内の開店・閉店の全てについて、レポートしているわけではありません。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR